車両系自動車学校を徹底分析|自動車学校検索サイト

普通自動車免許を取得するために路上教習での注意点
教習は、学科と技能の教習を連携させたカリキュラムで進められます。法規だけでなく、ケース・スタデイや危険予測教習など、交通場面で役立つような、実践的教習内容です。
学科教習は2段階、技能教習も2段階で、技能教習の前に、最低限必要な基礎知識を学科教習で学習してから技能教習に入る学科先行方式で進みます。

技能講習の前に、学科の先行教習が行われます。これまで車を運転したことのない人が、車の動く仕組みを理解して、ハンドルを持つための構造などの知識を教習します。
技能教習の第1段階は、場内コースです。

ここで路上の交通状況を想定した基礎訓練をします。第1段階を修了して、修了検定に合格すると仮免許が交付されます。
仮免許が交付されても、いきなり路上には出ません。路上に出るための学科先行教習場内での技能教習を経て路上教習になります。
第2段階では、路上の交通に即した運転、さらに最終的に、実践的で自主的な運転が求められます。第2段階を修了し卒業検定に合格して、卒業証明書が交付されると、ようやく免許センターでの技能試験が免除されます。

指定自動車教習所は、技能試験免除です。これは、公安委員会が免許センターで行う技能試験の受験が免除されるだけで、免許センターでの試験に代わる教習所の修了検定と卒業検定に合格しなければなりません。
修了検定は、仮免許を取得するための検定です。車を動かす基本操作力漸雀実で、道路交通の中で、法規を遵守して走ることを検定します。

検定に合格すると、仮免許が交付されて、路上教習を受けられるのです。
卒業検定は、仮免許を取得後、路上で実際の交通の中で状況判断しながら運転できることの検定です。第2段階に修了印が捺された時点で受験資格ができます。卒業試験に合格して、免許センターで公安委員会の学科試験に合格すると、免許証が交付されます。

車の運転者が二輪車の特性を知らずに走れば事故が増えます。二輪車のライダーが車の死角を知らないのも同様に危険です。
双方の理解を促すため、ほぼすべての学科で普通自動車と自動二輪車の教習が行われます。また、大型二輸免許や普通二輪免許を持っている人が自動車の教習を受講する場合は、危険予測ディスカッションの2時限の受講ですむなど、すでに取得している免許の種類によって、技能教習や学科教習の最短教習時限に違いがあります。

教習所によっては、普通自動車だけでなく、自動二輪車の教習も行っていますG技能教習の構内コースでは、実際の交通状況に対応して、普通自動車と自動二輪車の混合教習を行うことがあります。路上に出る前に、二輪車の特性を車内から観察できる機会です。また、教習が進むと、指導員が同乗せずに、無線で指導する無線教習を行うこともあります。

普通免許には、2つの選択肢があります。
オートマチック限定と限定なしの免許です。
オートマチック車は、クラッチ操作やシフトチェンジをしないので、発進や停止がマニュアル車に比べて簡単です。一方、限定なしの免許は、普通車ならなんでも運転できます。
どちらの免許にするかは、マニュアル車に乗る可能性を考えて決めましょう。
オートマチック免許取得後に、マニュアル車の運転をすることになったら、教習所で最短4時限の教習で、オートマチック限定解除審査を受けることができます。