車両系自動車学校を徹底分析|自動車学校検索サイト

普通自動車免許学科の試験練習問題集
第一回目

1ハンズフリー装置にセットした携帯電話に、友人から着信したので、運転しながら応答した。

2高速自動車国道の本線車道における最低速度は、時速60 kmである。

3後続車が自車を追い越そうとしている場合は、先行車を追い越してはならない。

4見通しの悪い交差点では、標識や標示がなくても徐行しなければならない。

5縁石の表面に、黄色のペイントが1~ 2mの間隔で塗ってある場所は駐車も停車もできない。

6長い下り坂などでエンジンブレーキを頻繁に使うと、ブレーキが効かなくなることがある。

7タイヤを点検する場合は、空気圧だけでなく、溝の深さや異物の有無も調べる。

8深い水たまりを走行した後は、ブレーキの効きが悪くなることがある。

9運転免許があれば運転免許試験を受けるまでの間、自由に運転することができる。

10時速50 kmで走行している場合の車間距離の目安は、30mである。

11カーブを曲がるときに、後輪が右に滑ったらハンドルを右に切って立て直す。

12バッテリーのターミナルに白い粉のようなものが付いていたら通電が良くなるのでそのままにする。

13高速自動車国道などの本線車道では、右側の自線を目安にして、車両通行帯の右寄りを通行する。

14二輪車は、ブレーキをかけるときに、もっとも不安定な状態になる。

15図1の標識のある道路では、ただちに停止できる速度で通行しなければならない。

16夜中に子供が発熱したので、チャイルドシートを使わず母親が抱いて車に同乗し、病院へ行った。

17オートマチック車は、マニュアル車よりもエンジンブレーキが良く効く。

18図2の標識のある通行帯では、路線バスと緊急自動車以外は通行できない。

19 5分以内の荷物の積みおろしでも、運転者が車から離れていて、ただちに運転できない状態は駐車になる。

20車の速度が2倍になると、衝突したときの衝撃力は4倍になる。衝突を避けても制動距離は4倍になる。

21シートベルト装着は、義務づけられているが、病気などでやむを得ない場合は、装着しなくてもよい。

22時速40 kmで走行中に、徐行の標識があったので時速20 kmに減速して進行した。

23図3の標識がある道路では、左側に面した場所へ出入りするための横断はできる。

24見通しのきかない交差点でも、青の信号なら信号にしたがって徐行しないで通行できる。

25急勾配の坂は、上り坂や頂上付近、下り坂のすべてで徐行しなければならない。

26自動二輪車(側車付きを除く)と原動機付自転車の積載制限は自動二輪車は60kg、原動機付自転車は30kgである。

27故障した車をロープでけん引するとき、けん引される故障車の運転者はけん引免許がなければならない。

28自動二輪車に荷物を積むときは、運転の妨げになったり、方向指示器が見えなくなってしまうような積み方をしてはならない。

29坂道に車を止める場合、下り坂ではバックギア、上り坂ではローギアに入れておく。

30オートマチック車を始動するときのシフトレバーの位置は、「P」か「N」にする。

31緊急自動車が高速自動車国道に進入する場合、本線車道を走行中の自動車が優先する。

32自動二輪車や原動機付自転車には、高さ2mまでの荷物を搭載できる。

33交差点の停止位置は、停止線があるところでは停止線の直前、ないところでは交差点の直前である。

34自動二輪車(側車付を除く)に積載できる荷物の長さは、積載装置の長さの左右に0.3mを加えた長さまでである。

35図4の標識のある道路では、標識の示す方向以外に進むことはできない。

36乗用自動車の座席には、人以外に荷物を積むことはできない。

37交差点で警察官が手を水平から頭上にあげたとき、身体に平行する交通にとって黄信号の意味である。

38高速走行をする場合は、普段よりもタイヤの空気圧をやや高くする。

39貨物自動車の荷台に荷物を積んでいるときには、荷物を見張るために必要最小限度の人を荷台に乗せて走行することができる。

40前車を追い越すためや進路変更をするために加速するときは、最高速度を超えて運転できる。

41横断歩道や自転車横断帯を通過するときは、歩行者や自転車がいなくても、一時停止しなければならない。

41高速走行中のブレーキは、1度にかけるのではなく、エンジンブレーキを併用しながら数回に分ける。

42進行する先が青信号の場合、信号が変わっても対応できるように事前から速度を控えめにして走行した。

43原動機付自転車は、車両通行帯が3本以上ある交差点で赤信号の下に、青の矢印が出ていれば右折できる。

44図5の標識のある道路では、時速30 km以上の速度で通行しなければならない。

45交差点の中まで車両通行帯の境界線が引かれている道路を通行する車を、交差する道路の車は妨げてはならない。

47警察官が灯火を頭上に上げた場合は、灯火にしたがって進行する車にとっての黄信号を意味する。

48交差点の手前で、前方から緊急自動車が接近してきたので、交差点に入らず道路の左側に一時停止した。

49信号機のある交差点でも、左右の見通しがきかない場所では信号に頼らず、一時停止しなければならない。

50交差点で、赤信号で一時停止した場合は、安全を確認しながら徐行して進む。

51高速自動車国道や自動車専用道路で故障した場合は、停止表示器材を置いて後続車に知らせる。

52カーブ走行中の車に働く遠心力は、半径が測さく高速なほど小さくなる。

53前方の自動二輪車が原動機付自転車を追い越そうとしているとき、その自動二輪車を追い越すことはできない。

54高速走行中はスピードに慣れるので、ときどき速度計を見てスピードを確認する。

55図6の標識のある道路は、自動二輪車の通行はできないが、原動機付自転車は通行できる。

56高速自動車国道や自動車専用道路の本線車道でも、やむを得ない場合は横断や転回ができる。

57歩行者専用道路を許可を受けて通行する車は、徐行しなければならない。

58排気ガスの色が薄い青の場合は、燃料が正常に燃焼している。

59交通整理している警察官が、腕を横に水平に上げている場合、警察官の正面に対面する車は直進や右左折できる。

60警察官や交通巡視員の手信号が、信号機と違っている場合、警察官や交通巡視員の指示にしたがう。

61タイヤの溝がすり減っていると、走行中に滑りやすくなる危険がある。

62パーキングメーターの設置されている時間制限駐車区間で駐車馬する場合は、パーキングメーターを作動させて駐車する。

63道路に面した場所に入るために歩道や路側帯を横切るときは、徐行または一時停止をしなければらない。

64真冬に冷えているエンジンを始動したときは、エンジンが暖まるまでウォーミングアップする。

65高速自動車国道では、高速走行に慣れていない初心者は、路側帯を通行することができる。

66エンジンがかかりにくいときは、エンジンがかかるまで連続してセルモーターを回し続ける。

67ブレーキのあそびが大きいほど、ブレーキは良く効くようになる。

68図7の標示のある道路は、車から離れずに5分間以内なら車を止めることができる。

69ブレーキペダルのあそびは、ブレーキを踏み始めてブレーキが効き始めるまでの範囲をいう。

70白い杖を持った歩行者に近づいても、安全な側方間隔があれば徐行する必要はない。

71路上に5分以上継続的に車を止めると、駐車とみなされることになる。

72荷物の積みおろしのため運転者がすぐに運転できる状態で車を止める場合は、車の右側の道路に3.5mの余地はなくてかまわない。

73図8の標識がある道路は、自動二輪車だけの通行を制限するものである。

74歩道と車道の区別がある道路に、車を駐車するときは車体を半分ほど歩道に乗り上げることができる。

75車が故障してやむを得ないときに限り、駐停車禁止や駐車禁止の場所でも駐車できる。

76歩道と車道を区別する縁石に、2~ 3mおきに黄色のペイントが塗ってある場所では、車を駐車することも停車することも禁止されている。

77車を坂道に駐車させる場合は、上り坂ではハンドルを左へ、下り坂では右に切っておく。

78高速自動車国道の本線車道に入る場合には、加速車線があれば加速車線で十分に加速してから本線車道に入るようにする。

79路面電車の運行が終了していれば、安全地帯の左側やその端から10m以内の部分に駐車できる。

80図9の標識のある交差点では、交差道路の見通しが良くても一時停止しなければならない。

81夜間、対向車の前照灯で幻惑されそうなときは、視線を前方左下に移して前照灯そのものを見ない。

82濃霧が発生したときは、前照灯を上向きにした方が前方まで良く見える。


第一回目の解答はこちら


第二回目
1優先道路を進行中に、見通しの悪い交差点に進人したが、優先道路なので徐行せずに進行した。

2図1の標識は、総排気量が125 cc以下の自動二輪車や原動機付自転車は通行することができない。

3排気量50 ccのスポーツタイプの二輪車は、最高速度が時速60 kmである。

4交差点で警察官の手信号は「止まれ」だったが、信号機は青信号なので、そのまま進行した。

5路面電車の運行が終了した場合、運行の開始まで安全地帯の左側に車を駐車できる。

6高速自動車国道を時速80 kmで走行しているときは、先行車との車間距離は40m必要になる。

7横断歩道を通過するときには、横断歩行者がいなくても、必ず徐行しなければならない。

8高速走行をすると、路面との摩擦熱でタイヤの空気圧が高くなるので、タイヤの空気圧を下げておく。

9エンジンオイルの点検は、車を運転した直後に、平らな場所でエンジンをかけたまま行う。

10図2の標識のある道路は、すべての車が歩行者に注意して徐行することを示している。

11トンネルの中は暗く、道路が狭いので、すべてのトンネルで追い越しが禁止されている。

12すぐに運転を再開する場合は、エンジンをかけたまま停車して、車を離れてもよい。

13安全地帯に歩行者がいる場合、車は安全地帯から1.5m以上の間を置いて徐行する。

14ガソリンスタンドで給油するため歩道を横断する場合は、歩行者がいなくても一時停止しなければならない。

15オートマチック車は、シフトレバーを「P」か「N」以外に入れると、アクセルペグルを踏まなくても車がゆっくり進み出す。

16自動車の運転をする人は、各装置が正常かどうか1日1回運転する前に点検しなければならない。

17先行する車や原動機付自転車が、右折のために進路を変えようとしているときには、その右側から追い越してはならない。

18消防用防火水槽から5m以内は、駐停車禁止である。

19交差点を青信号で進行中、赤信号側から緊急自動車が接近してきたが、青信号なのでそのまま進行した。

20片側に3本以上車両通行帯のある道路は、もっとも右の通行帯を追い越しのためにあけ、速度に応じてほかの通行帯を走行する。

21標識や標示で、最高速度が指定されていない一般の道路で、普通貨物自動車の最高速度は時速50 kmである。

22対向車が中央線を越えて来て、正面衝突しそうなので、やむを得ず道路外の空地に乗り入れた。

23最高速度の範囲内でも、他の交通の流れより著しく遅い速度で進行することは、渋滞や追突事故を招くため危険である。

24すでに道路の左側に駐車している車があったが、道路が広くて交通量が少なかったので、その右横に駐車した。

25自動二輪車は車両通行帯が混雑している場合に、歩行者が通行していなければ路側帯を通行できる。

26直前に停止している車が大型貨物車で信号が見えない場合、交差点では左右の信号を見て発進する。

27道路工事区域と、その端から5m以内の場所は、駐車は禁止されているが停車は禁止されていない。

28図3の標識は、原動機付自転車と自動二輪も含む、すべての自動車の通行禁止を意味している。

29携帯電話を片手で持って通話しながら運転しても、事故を起こさなければ交通違反にならない。

30前方の交通が渋滞している場合は、横断歩道や自転車横断帯の中に停止できる。

31路線バスや路面電車の停留所の標示板や柱から10m以内は、運行時間外でも駐停車できない。

32走行中に車の進路を左右に変えるときは、合図をしてから安全を確かめる。

33車が故障した場合、駐車禁上の道路にそのまま放置しておくと駐車違反になる。

34自動二輪車は、故障した二輪車をロープでけん引することはできない。

35 5人乗りの車に、大人3人と6歳未満の子供3人を乗せるのは定員の範囲内だが1人の子供にチャイルドシートを使えないので違反になる。

36赤信号だったが、交差点に青い左向きの矢印の標示板があったので、歩行者や他の交通に注意して左折した。

37図4の標示がある道路は、交通が渋滞していても、この中に停止できない。

38標識で禁止されなくても、他の交通の妨げとなる場合は、横断や転回をしてはならない。

39対面する信号が赤色から青色に変わったので、ただちに発進した。

40大地震で道路に車を置いて避難するときは、盗難防止のため車のエンジンキーを抜いておく。

41図5の標識のある通行帯は、路線バス専用なので、他の車はすべて通行できない。

42二輪免許の交付から1年未満の者は、二輪車に同乗者用の座席があっても2人乗りできない。

43夜間、明るい市街地を通行する場合でも、前照灯をつけなければならない。

44図6の標識のある道路では、道路の中央から右側にはみ出さなければ追い越しすることができる。

45高速自動車国道や自動車専用道路の本線車道に入る際には、一時停止して安全を確認してから徐行して流入する。

46自動二輪車に地上2mの制限まで荷物を積んだ場合は、速度を出した方が安定して走行できる。

47普通自動車の運転免許があればけん引装置のある普通自動車で車両重量750 kg以下の車をけん引できる。

48交差点で交通巡視員が信号と異なる手信号をしたので、信号機の信号にしたがって通過した。

49車両通行帯のない道路では、追い越しなどでやむを得ないときを除いて、車は道路の左側に寄って通行する。

50前方の交通が混雑していて、交差点の中で動きが取れなくなるときは、青信号でも交差点に入ることはできない。

51来客の乗り降りのために停車している路線バスの停留所の前後では、徐行しなければならない。

52横断歩道や自転車横断帯に近づいたら、ただちに停止できるように徐行しなければならない。

53車を運転中、後続車に追い越されるときは、道路の左側に寄って徐行しなければならない。

54運行前点検で前照灯が故障していたが、日没までに帰る予定なので、そのまま運転した。

55図7の標識のある道路では、時速50 kmを超える速度で走行できない。

56車がかろうじて行き違えるような狭い道路には、標識や標示がなくても駐車してはならない。

57道路の左端に止まっていた車が、右に合図を出した場合は、発進の合図である。

58安全地帯の左側を通行する場合、安全地帯に路面電車や歩行者がいなければ徐行せずに通行できる。

59標識や標示がなく、最高速度が規制されていない道路では、最高速度の制限がないのでスピード違反にならない。

60道路の左側の道幅が6m未満で、道路の中央に黄色の線が引かれている場合は、道路の右側にはみ出して追い越しする。

61図8の標識があるときは、前方に優先道路と交わる交差点があることを示している。

62自動二輪車の一般国道における最高速度は、総排気量に関係なく時速60 kmである。

63高速自動車国道で長時間にわたる連続運転は危険なので5時間に1回程度は休憩をとる。

64標識や標示のない道路で、原動機付自転車の最高速度は時速30 kmである。

65路線バス優先通行帯は、交通量が少なく路線バスが接近していないときは、普通自動車も通行できる。

66自動二輪車は60kg原動機付自転車は30 kgまでの荷物を積むことができる。

67交差点では、対面する信号だけでなく、左右の信号も見て通行する。

68夜間に高速自動車国道で故障した場合は、路側帯に車を止めて停止表示機材を置くだけでなく、尾灯もつける。

69交差点の直前で黄信号に変わったが、停止線に近すぎたので、急ブレーキを回避するためそのまま進行した。

70歩道と車道を区別する縁石に、連続して黄色のペイントが塗ってあるところでは、駐停車できない。

71二輪車を運転するときは、ステップに土踏まずを乗せて、足先をまっすぐ前方に向けてタンクを両膝で挟む。

72右折のため青信号で交差点に進入したが、徐行中に黄から赤信号になったので、交差点内に停止した。

73カーナビゲーション装置等の画像表示部は、注視せずにすむように見やすく視界を妨げない場所に置く。

74見通しの悪い踏切を通過するときは、日で確認できる位置まで徐々に踏切に入って安全を確認する。

75夜間に対向車と行き違うときは、前照灯を減光するか下向きにするが、交通量が多いときも下向きにする。

76自動車が道路の右側部分に入って追い越すときは、先行車の動き、対向車や前方の歩行者などについて十分注意する。

77歩行者の近くで、ぬかるみや水たまりを通行するときは、泥水をはねないように注意しながら徐行する。

78自動車専用道路を通行中に、出口を行き過ぎたが、近くを走行する車がいなかったので転回して出口に向かった。

79見通しのきかない交差点では、青信号でも必ず徐行しなければならない。

80図9のマークを付けている車に対しては、危険を避けるためやむを得ない場合を除き、その車の側方に幅寄せしたり無理に割り込んだりしてはいけない。

81進路の前方に道路工事などの障害物がある場合、先に障害物に近づいた車が優先して通行する。

82車両通行帯のあるトンネルで、先行車を追い越した。


第二回目の解答はこちら