車両系自動車学校を徹底分析|自動車学校検索サイト

安全な運転をするために交通弱者を守る6か条
ドライバーは、交通弱者を保護する
車の運転を経験する以前に、あなたが歩いたり、車に乗っていた頃を、思い出してみましよう。ほとんどの人が、車のことを気にせずに、道路を横断したり、話に夢中になっていた経験があるでしょう。もし、何かあっても車が止まってくれると思っています。

あなたの運転する車の近くの歩行者や自転車利用者も、同じような気持ちです。
歩行者や自転車利用者は、交通の場では、弱者です。ドライバーは、歩行者や自転車利用者を妨げず保護する運転を心がけます。

軽車両である自転車は、車両に該当します。原則として、車と同様に車道を通行していますから、十分に注意しましょう。

住宅地などの狭い道で、歩行者や自転車の背後に追い付いたら接近しすぎず、競争しないで、安全な間隔の取れる場所で通過します。

歩道を横断する際には歩行者に気配りする
ガソリンスタンドや駐車場など、道路の外にある施設に出入りする際、歩道を横断する場合は、必ず一時停止して安全確認します。

横断歩道の手前では違い越し、追い抜きは禁止
横断歩道とその手前30m以内の道路では、追い越しも追い抜きも禁止されています。追い抜きや追い越しをされる車の陰から歩行者や自転車が出てくる可能性があるからです。

また、横断歩道の手前で他車が停止している場合は、必ず横断歩道の手前の停上位置で一時停止しなければなりません。停止している車の陰を歩行者や自転車が横断している可能性があります。安全を確認してから発進しましょう。

水たまりやぬかるみは泥はね防止にゆっくり走る
歩行者の近くを通過する際に、水たまりやぬかるみがある場合は、泥水などをはねて歩行者に迷惑をかけないように、ゆっくり通行するか、一時停止して歩行者に道を譲ります。

水たまりは、なるべく避けて通行しますが、避けされずに走行するときは、低速ギアで、静かに通過しましよう。通過した後は、ブレーキが濡れて効きが悪くなることがあります。少しの間ブレーキをかけながら走行して、ブレーキが効くのを確認しましよう。

身体の不自由な人や高齢者に対しては一時停止か徐行する
白や黄色の杖を持って通行している人や盲導犬に誘導されている人、目の見えない人や車椅子に乗っている人など、身体の不自由な人や通行に支障のある高齢者には、一時停止か徐行をして、通行を妨げないようにします。

状況を判断して子どもの飛び出しに対処する子どもの行動はなかなか予測できませんが、路地などでボールが飛んできた場合や、道路の離れた位置で、親子が声をかけている場合などの状況を判断して、子どもが突然飛び出しても対応できるように速度を落としたり、一時停止するなどして対処しましょう。

駐停車車両の近くは安全な速度と間隔で通過する
駐停車している車のドアが開いたり、車の陰から人が飛び出すことがあります。
駐停車車両の側方は1m以上の間隔をあけて通過します。車内に入影があれば、 ドアの開く可能性があるので、とくに注意します。

道路や交通の状況によって、1m以上の間隔を保てない場合は、いつでも止まれる安全な速度で走行します。
この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!