車両系自動車学校を徹底分析|自動車学校検索サイト


技能講習や特別教育技能講習や特別教育による資格取得でも履歴書に記載可能な立派な資格です。
建設機械等は有資格者でないと動かせなかったり、
特定の作業は有資格者がいなければ、作業出来ませんし。
たとえば玉掛けは「特別教育」と「技能講習」で有効範囲が違いますので履歴書には「玉掛け技能講習修了」と書いていただきたいです。

フォークは技能講習で1t上、移動式クレーンは技能講習なら5t下で「小型移動式」などと呼ばれますが、それぞれ「技能講習修了」と記載いただければよく解ります。


技能講習や特別教育による資格取得でスキルアップ
技能講習は、2006年4月現在37種類あり、都道府県労働局長登録教習機関により学科と実技(学科のみの場合もある)の講習が行われ、修了試験により一定の講習効果があったことが確認されると修了証が交付される。内容の類似する免許や技能講習を既に修得している場合に講習の一部が免除されることがあり、所要日数は1~4日程度とさまざまである。誰でも受講できるものと、一定の資格を要するものとがあり、また、地域の人口や業務需要の多寡により講習の実施頻度は異なる。

特別教育による資格取得
特別教育は、日本の労働現場において、労働安全衛生法に基づき、危険又は有害な業務に労働者をつかせる場合に事業者等が教育を行い、作業あるいは運転させなければいけないものの一覧。この特別教育は学科講習(一部実技講習あり)のみで修了試験等もないなどそれほど難易度が高くなく、一定レベル以下の職務に合法的に従事できる一作業員としての資格が得られるにとどまっているため、操作・運転する機械の規模が小さいものに限られ、同法に定める作業主任者になることはできない、などの制限がある。それ以上の規模の機械の運転あるいは作業者から作業主任者へのステップアップを望む場合は、特別教育の一段上の資格として位置づけられている技能講習を修了(又は国家試験による免許を取得)する必要がある。


安全衛生教育による資格取得
安全衛生教育は特別教育に準ずるものとして安全衛生教育がある。特別教育が労働安全衛生法の委任を受けて厚生労働省告示(労働省告示)で詳細を定められているのに対し、安全衛生教育は告示よりも格下の通達により教育の詳細が定められている。